ホーム > よくある質問

よくある質問

どんな場合に矯正治療は必要でしょうか?

正確な診断は検査をしないとわかりませんが、主に以下のような場合、治療が必要です。
歯が重なって生えている、ねじれている。
歯と歯の間にすき間がある。
出っ歯や受け口、口元全体が前に出ている。
奥歯で噛んだときに前歯がうまく噛み合っていない。
歯が邪魔をしてうまく発音ができない。
歯並びが悪いため、顔の表情や輪郭がおかしい。

ページの上へ戻る

小児矯正はいつから始めるのがいいのでしょうか?

下の歯が前4本、上の歯が前4本、大人の歯に生え変わる時期に歯並びの相談をすすめています。個人差がありますが、実年齢ではなく、歯の生え変わりの年齢で矯正治療を考えてください。

ページの上へ戻る

装置を装着するのはいつからになるのでしょうか?

すべての歯が乳歯のときに装置する必要はないですが、4カ月ごとの定期検診では、虫歯のチェックだけではなく、歯並びの状態を見る必要があります。早く装置をつける必要はないですが、歯並びは子どものころから意識することが大切です。

ページの上へ戻る

矯正治療は痛みがありますか?

装置の装着後や調整時に少しありますが、痛みの感じ方は人によって違います。最初から太いワイヤーを入れると痛みが出るので、細く軟らかいワイヤーから始めます。なるべく痛みがないように配慮し、痛み止めの薬も処方します。

ページの上へ戻る

痛みは長く続くのでしょうか?

アーチ状に歯が並ぶようにワイヤーを入れますが、歯は元に戻ろうとして動こうとします。動き始めるまでに時間がかかり、動き始めるまで3、4日間くらい痛みがあります。

ページの上へ戻る

矯正治療中に食事の制限はありますか?

食事の制限はありませんが、固いものを食べると痛みがあります。ガムやキャラメルなどの粘着物は避けてください。

ページの上へ戻る

矯正治療では歯を抜く必要があるのでしょうか?

なるべく抜かない矯正治療を行っていますが、抜歯が必要な場合、二期治療の段階で判断します。たとえば、歯が大きい場合、すべての歯を削って小さくしますが、削るとエナメル質が弱くなります。すべての歯を削ると弱くなるので1本の歯を抜く選択もあります。また、1本だけ虫歯で歯の状態が悪ければ、抜いてスペースをつくり、歯を移動させて噛めるように並べます。

ページの上へ戻る

矯正治療の期間はどれくらいかかるのでしょうか?

小児矯正は、まず、あごの大きさやバランスを整える一期治療と、永久歯に生え変わってワイヤーを使う二期治療に分かれます。したがって、すべての歯が永久歯に生え変わらない限り、矯正治療は終わりません。
たとえば、8歳から一期治療を始め、中学生から二期治療に入り、ワイヤー矯正を2、3年、その後、歯を安定させる保定装置を2年程度行います。8、9歳から開始して15、16歳まで約10年近くかかります。

ページの上へ戻る

矯正治療は保険が効くのでしょうか?

矯正歯科治療は自由診療(保険が効かない自費治療)です。特定の先天性疾患による不正咬合の場合など、一部、健康保険で治療を受けられる場合もあります。

ページの上へ戻る

生え始めの歯は、なぜ、虫歯になりやすいのでしょうか?

歯は唾液に含まれているカルシウムやリン、フッ素などが表面のエナメル質から溶け込んで、次第に固くなります。また、歯の内部でも変化が起こり、生え始めたばかりの歯は、まだ未成熟な状態なので虫歯になりやすいのです。

ページの上へ戻る

おやつにはどんなものがよいのでしょうか?

甘いものである必要はありません。軽食などでもOKです。できれば、歯につきにくいものがおすすめです。

ページの上へ戻る

子どもの歯みがきにはどんな歯ブラシを使ったらよいですか?

お子さまが口の中で歯ブラシを自由に動かしやすい大きさがベストです。力を入れてみがけるように小さめで毛先も短いタイプを選びます。

ページの上へ戻る

フッ素はどんな働きがあるのでしょうか?

フッ素は固くて丈夫な歯をつくる働きがあり、フッ素による虫歯の予防は、乳歯の生え始めから永久歯が生え揃うころが効果的といわれています。

ページの上へ戻る

治療中の痛みはあるのでしょうか?

簡単な麻酔を行いますので痛みはほとんどありません。

ページの上へ戻る

治療期間はどれくらいかかるのでしょうか?

インプラントの種類や治療の内容によって異なりますが、治療期間は4カ月から1年程度。処置時間は30分から120分くらいです。

ページの上へ戻る

インプラント治療は誰でも受けられるのでしょうか?

心臓病や糖尿病をお持ちの方、また妊娠している方は治療が受けられないことがあります。また、あごの骨の状態によってもインプラント治療は難しくなるケースがありますので、治療前にご相談ください。

ページの上へ戻る

インプラントはどれくらい持つのでしょうか?

インプラントは歯茎になじみ、腐食しにくいチタン製です。インプラントを長持ちさせるためには、自分の歯と同じような手入れが必要です。ブラッシングはもちろん、歯茎の健康状態や噛み合わせをチェックするため、半年に1回は定期検診をおすすめします。

ページの上へ戻る

インプラント治療にかかる費用はどれくらいでしょうか?

現在、インプラント治療は健康保険の範囲外、自由診療(保険が効かない自費治療)になっています。インプラントの種類や本数によって費用は異なりますので治療前にご相談ください。

ページの上へ戻る
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
寝屋川市仁和寺本町4-10-32

ホームページを見たとお伝え下さい

【電話番号】
072-801-8001

【受付時間】
9:00~13:00
15:00~20:00

お問い合わせ 詳しくはこちら