コラム

2017年3月23日 木曜日

虫歯の治療は進行する前に!手遅れになる前に寝屋川市にある当院へ

歯の病気で最も身近かつ起こりやすいものとして「虫歯」があげられます。虫歯で注意しなければならないのは、症状を自覚しているのにもかかわらず、治療せず放置しておく事です。治療が痛そう、通うのが面倒と、様々な理由があるかと思いますが、虫歯を放置するのは基本的に望ましい事ではありません。むしろ、放置すればするほど、細菌に蝕まれる範囲が広がっていき、さらに辛い治療を受けなければならなくなるのです。

虫歯は全5段階「C0」から「C4」で進行状態が表されるのですが、楽に治療を受けたいのなら、C0やC1くらいで相談するべきでしょう。C0は言わば虫歯になりかけている状態を示していて、削る事なく、フッ素を塗布して再石灰化を促進させるのが、一般的な治療方法です。この方法であれば歯を削る事はありませんので、治療の際に麻酔をしたり、痛みを伴ったりする事はありません。また、C1に関しては歯が変色したり小さな穴が空いていたりする状態で、エナメル質部分のみ削り、詰め物をするような流れです。

削るとき、麻酔をされる事もありますが、この段階でも無痛治療が可能な範囲内と言えます。しかしこれ以上の進行は、麻酔を使ってしっかり治療をしなければならず、治療の際に痛みを伴う事も少なからずあるのです。
そのため、痛そうだから放置するのではなく、痛くならないように早めに治療を受ける方が、よろしいかと思います。

寝屋川市にある当院では虫歯に関するご相談を受けたまりますので、お悩みの方はぜひ、当院にご相談下さい。

投稿者 おかだ歯科・矯正歯科 | 記事URL

2017年3月16日 木曜日

歯周病にはご用心を!治療のご相談は寝屋川市にある当院へ

歯の病気といえば「虫歯」というイメージが誰しも強いかもしれません。もちろん、虫歯も十分に気をつけなければならない疾患の一つですが、歯周病も注意深く警戒しておくべき病気の一つです。

歯周病は細菌の感染によって起こる炎症性の疾患で、歯垢が蓄積したり、歯石が残っていたりすると、症状が進行しやすくなります。歯周病が進行すると、歯を支えている歯周ポケットが深くなり、歯を支えられなくなった後、ぐらつきがみられます。歯周病を進行させる因子は様々で、喫煙、食習慣、歯ぎしり等、色々な原因によって進みます。歯周病は予防することも可能ですし、治療も行える病気です。出来る限り、進行する前に治しておきたい病気といえますので、基本的には予防するイメージで、定期的に検査を行うべきです。

例えば歯周病を進行させやすい歯石に関しては、ご自身の歯磨きによって簡単に取れてくれるものではありません。そのため、専門の機器を使い、取り除いてもらう必要があるのです。歯が抜ける時の原因の大半が歯周病と言われていますので、大げさではなく、十分に注意しておきたい口内の病気といえます。

寝屋川市にある当院では、歯周病の予防や治療に関して、様々なご相談を承ります。歯周病の予防や治療は、将来のご自身の歯を守るためにもとても大切です。

ご心配な方はまず、当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者 おかだ歯科・矯正歯科 | 記事URL

2017年3月 9日 木曜日

虫歯の放置は危険!悪化する前に寝屋川市にある当院へご相談を

子供から大人まで老若男女問わず起こり得る「虫歯」は、放置すると徐々に症状が悪化していきます。
自然に治らないものですが、積極的に治療さない方も多いです。

やはり、虫歯治療は痛そう、歯を抜かれそうなど、マイナスなイメージを抱えている方が多いからでしょう。

確かに、虫歯は進行すれば治療が痛くなることもありますし、最終的には歯を抜かなければならなくなるケースもあります。しかしそれらはどれも、状態が悪化している場合がほとんどです。
虫歯はC0からC4までの全4段階で進行度を表現されますが、C0とC1くらいの度合いでは、簡単な治療で解決出来ます。
C2以降は虫歯部分を取り除き、クラウンやインレー治療を、必要とされる場合があるのです。しかし現在では、虫歯の無痛治療を行っているところも多くなってきて、それほど強い痛みに耐えつつ、治療を受けるケースは減っています。

そのため、治療に痛いイメージを持ちで相談に行かないということは、ご自身の天然の歯を無意味に痛めつけているのと同じことなのです。お時間や経済的な事情もあるでしょうが、虫歯治療はそれほど時間がかかるものではありませんし、当然保険がきく治療を受けられますので、経済的負担も少ないです。

もっと痛くなってからとするよりも、早いうちに治すという意識を持ち、お困りの方は寝屋川市にある当院へぜひご相談下さい。

投稿者 おかだ歯科・矯正歯科 | 記事URL

2017年3月 2日 木曜日

見栄えだけじゃない!歯並びの矯正なら寝屋川市にある当院へ

ご自身の歯並びをコンプレックスと感じられている方は少なくないでしょう。
悪い歯並びを治す方法として、一般的に歯列矯正が行われますが、矯正の目的を、単に見た目の改善と考える方は多いのではないでしょうか。

確かに、「叢生」や「出っ歯」、「受け口」などは、乱れた歯並びの見栄えが良くないため、矯正したい気持ちにはなると思います。
ただ、見た目だけではなく、矯正には健康被害のリスクを軽減し、健康的な口内環境を保つためにも大切な事なのです。

例えば、歯並びが悪い事で起こる被害は、虫歯や歯周病が起こりやすくなる事でしょう。歯並びが悪いと、歯にこびりついた歯垢を綺麗に落とすのが難しくなり、虫歯菌が発生したり、歯周病を起こしやすくなったりします。また、噛み合わせが悪いと顎関節症などのリスクも高まるのです。

噛み合わせが悪いと食べ物をしっかり噛む事が出来ず、消化器系への負担も大きくなるかもしれません。それらの事を考えると、矯正は見た目の改善だけが目的ではない事がわかります。

特に、子供は自分の判断で矯正治療を受けられる訳ではありませんので、保護者の方々がしっかり観察し、お子様を病院へ連れて行くことが大切です。

寝屋川市にある当院では、矯正も含め歯科全般のご相談を承ります。
歯に関してお悩みがある方はぜひ、当院にご相談して頂ければと思います。

投稿者 おかだ歯科・矯正歯科 | 記事URL

2017年2月28日 火曜日

矯正治療とは見た目だけでなく機能面も重要

寝屋川市にございます当院は、矯正歯科治療に力を入れております。

矯正歯科治療と申しますと審美的なものを想像しがちですが、見た目の美しさだけでなく噛み合わせの機能が両立していることが大切です。

歯の噛み合わせが悪いと、虫歯や歯周病の原因になったり、きちんと噛み砕けないために胃腸などの消化器に負担がかかることもあります。それが原因で発育不全や内科的疾患などが起こる場合もございます。お子さまの治療の場合には、一期治療と二期治療という段階があり、一期治療では成長期に合わせて、歯の生え変わりやあごの骨の成長バランスを考慮しながら行い、二期治療では永久歯が生え揃いましたら全体の噛み合わせを調整していきます。

お子さまをはじめとする矯正歯科治療にご興味のある患者様、当院にお気軽にお問い合わせください。

投稿者 おかだ歯科・矯正歯科 | 記事URL

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
寝屋川市仁和寺本町4-10-32

ホームページを見たとお伝え下さい

【電話番号】
072-801-8001

【受付時間】
9:00~13:00
15:00~20:00

お問い合わせ 詳しくはこちら