コラム

2017年6月15日 木曜日

歯が溶ける原因とは?むし歯治療や予防歯科は大阪府寝屋川市の当院まで

甘いものを食べると歯が溶けるとよく言われますが、実際には糖分自体が歯を溶かす原因ではありません。

口内に生息するミュータンス菌が、糖分を取り込んで生み出す酸が歯を溶かす原因となるのです。砂糖や果糖などさまざまな糖分を好み、酸を生み出していきます。また繁殖力も高くあっという間に増殖してしまいます。

そんな恐ろしいミュータンス菌にも、天敵がいます。それが、CMなどでもおなじみのキシリトールです。キシリトールは、ミュータンス菌が大好物な糖分のひとつなのですが、不思議なことにミュータンス菌はキシリトールを分解できません。さらにミュータンス菌の活動を抑制し勢力を弱めてしまいます。

お口の中がねばつきも、キシリトールを摂取することで改善されます。キシリトールを摂取する目安としては、1日5~10gのキシリトールを毎日3か月食べ続けることで、ミュータンス菌の数をかなり減らすことが可能とされています。

ガムからの摂取が主流ですが、キシリトール以外の糖分を使用していない、歯科用のキシリトールガムなどがおすすめです。
寝屋川市内にある当院では、むし歯の治療のほか予防歯科にも力を入れています。興味がある方はお気軽に当院までご相談ください。

投稿者 おかだ歯科・矯正歯科

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
寝屋川市仁和寺本町4-10-32

ホームページを見たとお伝え下さい

【電話番号】
072-801-8001

【受付時間】
9:00~13:00
15:00~20:00

お問い合わせ 詳しくはこちら